Entry: main  << >>
6.1リッター! クライスラー 300C SRT8登場
ダイムラークライスラー日本が、クライスラー300Cに、6.1リッターエンジンを積む高性能バージョン「300C SRT8」を設定し、5月19日に予約受付を開始する。

マックスパワー431馬力!クライスラー300C SRT8は、ストリート&レーシング・テクノロジー(SRT)チームを名乗るクライスラーの技術集団が、300Cをベースにエンジンやシャシーをチューニングしたスポーツモデルだ。メルセデスで言うところのAMGにあたる高性能バージョンで、本国では300Cのほかにもバイパー、ダッジ・ラム、クロスファイアなどにSRTシリーズが用意されている。日本にSRTモデルが正規導入されるのはこれが初となる。

搭載するエンジンは、6.1リッターのV8。5.7リッターHEMIエンジンをベースにボアを拡大し、圧縮比を10.3に高めた結果、スペックは最高出力431ps/6000rpm、最大トルク58kg-m/4800rpmへと向上。0〜100km/hはわずか5秒と、全長5mのビッグセダンとは思えない数値をマークする。

シャシー周りも全面的に強化されており、ダンパー、スプリング、スタビライザー、ブッシュ類はすべてSRTの専用品。ホイールは20インチの大径サイズを履き、その中にはブレンボ製の大径ブレーキディスクが装着される。タイヤサイズは、フロント245/45-20、リアが255/45-20。さらに専用の前後バンパーやリアスポイラーも備わり、空力性能が高められている。

インテリアには専用装備として、スウェードインサート付きの電動調整式スポーツシート(シートヒーター・メモリー機能付き)、パフォーマンスチューンド革巻きステアリングホイール、カーボン調センターパネル、SRT8ロゴ入りレトロ調ホワイトメーターなどが装備され、スポーティ感が高められている。また、HDDナビゲーション、ボストン・アコースティックスピーカー、デュアルゾーンコントロール&赤外線温度センサー付き空調システムなどのアメニティも標準装備される。

ボディカラーは、ブライトシルバーとブリリアントブラックの2色が用意される。価格は726万6000円。デリバリー開始は7月中旬以降の予定。

自家製スモークが簡単に!≪サーモス・イージースモーカー≫
自家製スモークが簡単に!≪サーモス・イージースモーカー≫

| m2j | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 12:32 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Search

Feed

Category

Mobile

qrcode

Entry

Trackback

Archives

Profile

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links

Comment