Entry: main  << >>
「選択理論」米国の精神科医ウイリアム・グラッサ−博士の提唱する心理学
『選択理論』によると、
  1. ひとが不幸な理由の大半は、満足できる人間関係を持っていないからである。
  2. ひとが満足できる人間関係を持っていないのは、どちらかあるいは両方が、関係を改善しようとして、外的コントロール心理学を用いているからである。
  3. そのような関係からは苦痛がもたらされるので、どちらかあるいは両方が、相手が用いている外的コントロールから逃れようとしている。
  4. 外的コントロール心理学の表れ方は、致命的な7つの習慣となる。
    1. 批判する
    2. 責める
    3. 文句を言う
    4. ガミガミ言う
    5. 脅す
    6. 罰する
    7. ほうびで釣る。
  5. この習慣が実践されるところでは、基本的欲求が充足されず、問題が発生する。

ほとんどの人が批判する、責める、文句を言う、ガミガミ言う、脅す、罰する、ほうびで釣る、といった外的コントロールで相手を変えられる、いや変えなければならない、と信じ込んでいます。その結果、お互い不愉快極まりない思いをして、ストレスを抱え、悲劇を生んでいる。


一時的に強制できたとしても、人は外的コントロールでは変えられないというのが真相です。しかし驚くなかれ、この単純な事実がほとんど理解されていない。



耐衝撃スリムボディ採用ポータブルHD<シルバー> 【100GB】
税込 12,800 円 送料別

| m2j | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:54 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Search

Feed

Category

Mobile

qrcode

Entry

Trackback

Archives

Profile

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links

Comment